家電製品の処理は

パソコン

パソコンを普通に廃棄処分しようとすれば、お金がかかってきます。しかしリサイクル業者に依頼すれば、無料でパソコンを廃棄処分してくれることも少なくありません。必要な部品を再利用したりするため、壊れたパソコンでも対象になっているところが多数あります。

もっと読む

パソコンも廃品になります

粗大ごみ

廃品としてのコンピュータ

パソコン廃棄というものは、意外と無料でやってくれるところがあります。基本的には2003 年10月に施行された家電リサイクル法によって、パソコン本体、そしてディスプレイの回収、その上でリサイクルをメーカーに義務を課したのです。つまりは、メーカーがパソコンを引き取らないといけないわけですが、捨てる側も処分費用をいくらか負担する必要があります。処分費用もそうなのですが、廃品回収してもらうときには運搬費なんかも支払うことになる場合もあります。メーカーによって処分の費用が違うものですから、それはよく確認するべきです。いくつか確認するべき項目としては、本当に無料なのか、ということとそして廃品回収業者の免許を持っているのか、というところは調べておくべきです。これは最低限のマナー、ルールであるといえますから、覚えておくべきです。要するに無許可で回収している業者もいる、ということです。そうした廃品回収業者は避けましょう。また、愛用品と決別の時が来たらきちんとした業者に連絡をするといいでしょう。

無料で持って行ってもらう

パソコン回収の料金というものは、実は意外とかかりますから、覚悟することです。具体的にいいますと5000円くらいは最低でもかかるのです。それに加えて、運搬料金なんかもかかることがありますから、高いところでは10000円近くになる場合もあります。しかし、それでも捨てるときに普通に粗大ゴミというわけにはいかないものですから、ある程度は甘受する必要があります。ですが、世の中にはいくらでも例外があり、実は無料で廃品回収してくれるところがあるのです。無料で回収してくれる業者は本当に無料であり、パソコン、或いは液晶ディスプレイくらいならばそちらも一緒に持って行ってくれる場合もあります。それを狙うとよいでしょう。

老朽船の適切な処分

船

南アジアでは危険な船舶解体により多数の労働者が死傷し、化学物質による環境汚染が深刻な問題になっています。日本の船舶解体業者は安全と環境に十分な配慮を行ない、リサイクルを通して地球環境保護に貢献しています。

もっと読む

大型の製品を捨てる場合

テレビ

壊れてしまった大型テレビの廃棄処分を望んでいるなら、粗大ゴミとして捨てる前に資源回収の業者に連絡を取ってみましょう。その場合は、きちんと許可を得ている業者を選べば、トラブルなく大型テレビを引き取ってもらえます。

もっと読む